Hotwireオンライン プレスリリース  ホットワイヤーについて  お問い合わせ
とんがった視点で関西ビジターをどどんとエスコート 日本語 English
HOME 女のホテル ほんまもん都指南 ワザ研 快眠連携 ホットワイヤーマガジン おも探
京都紅葉穴場特集@洛中〜ほんまもん都指南VOL12
 「芋名月」とも呼ばれる「中秋の名月」。外国人ゲストが多数参加したイベントは、満月が見守る京都の夜を行灯のあかりに導かれて歩く、月見パーティだ。
秋らしい京の味の玉手箱
京都洛中散策写真
京都洛中散策写真

 

中秋の名月には、満月を眺めながらおいしい料理と酒を一献。自然の中で風流で粋な世界を堪能する。これも京都の楽しみ方の一つですよ。そこで、繁なりのご主人が考えたのは、お月見パーティ。それも、たくさんの外国からのゲストを交えた、インターナショナルお月見ツアーなのです。

お月見の飾り付けや説明が終わったら、まずは腹ごしらえ。繁なりさん特製のお月見弁当をいただきます。玉手箱のようなお弁当の中には、京都らしい秋の味覚が詰まっています! 秋の旨いもん「鯖寿司」を中心とした、お月見の献立には、満月に見立てた栗の甘露煮や月見団子も入っています。外国からのゲストの中には「これ何?」「どうやって作ってあるの?」と質問攻めにしちゃう方も。和食独特の食材や料理を、英語で説明する人も一苦労。どこかミステリアスなお弁当は、味も見た目も大好評でした。

秋らしい京の味の玉手箱
京都洛中散策写真
京都洛中散策写真

 

暗い夜道を歩くには、足元を照らしてくれるあかりが必要。趣き深い手作り行灯に美しい絵を描いて、オリジナル行灯を作成することに。絵の先生に絵付けの方法を教わりながら、思い思いの絵を付けていきます。墨絵風、カラフルなイラスト、カタカナで名前を書いた人も! 個性的な行灯がズラリと並びました。なんとなく、お国柄も出ているような。

完成した行灯を持って、ゾロゾロと京都の町を練り歩きます。この日は生憎の空模様でしたが、日ごろの行いが良かったのか、雲の切れ間から満月が顔を出してくれました。御所の中を通って出町柳駅近くまで歩き、鴨川べりに行灯を並べて月見酒。杯に注いだ酒にお月様を写して飲んで、お月見パーティはお開きになりました。

プランの申し込みはこちら

繁なり
「繁なり」

京都御所にほど近い立地で、はんなりとした京料理が味わえるお店。細部にまで気を配った、美しくおいしい、京の味が楽しめる。季節の行楽弁当などのメニューも。HP


京都御所
「京都御所」

明治時代にその機能が東京に移るまで、歴代天皇の居所・執務所であった建物。周囲の京都御苑は普段から開放されており、市民の憩いの場になっている。





みなさまのご意見・ご感想をお待ちしています。
掲示板へ

モデルコース体験MAP 京都の散策コース洛中MAP

(2006年10月)

印刷データはコチラ

本日のモデルコース

スタート
17:00 京都市営
地下鉄「丸太町」駅

徒歩5分

17:10
同志社大学
保存町屋

月見弁当をいただく 1時間
行灯絵付け体験 45分

19:00 御所

散策しながら鴨川へ。鴨川にて月見酒

21:00 
鴨川にて解散! ゴール

Copyright (C) 2006 Media Engineering Inc. All rights reserved.
 
Hotwireオンライン
印刷データはコチラ