Hotwireオンライン プレスリリース  ホットワイヤーについて  お問い合わせ
とんがった視点で関西ビジターをどどんとエスコート 日本語 English
HOME 女のホテル ほんまもん都指南 ワザ研 快眠連携 ホットワイヤーマガジン おも探
ほんまもん都指南Vol.9

<<中編からのつづき・・・


貴船へは叡山電鉄「きらら」がオススメ

 貴船には、駐車場がほとんどないため、電車での訪問が便利です。

きらら車内 大阪と京都を結ぶ、京阪電車の終点「出町柳駅」。そこでちょいとローカルな電車、叡山電鉄に乗り換え、電車に揺られること30分。「貴船口駅」で下車してください。そこから川沿いを散策しながら上ること20分。「貴船荘」に到着します。事前に予約しておけば、貴船口駅からの送迎もしていただけます(2名様より)。また、駅前-貴船間を往復するバスもありますので、歩いて20分はちょっと・・・という方でも安心です(片道\160)。

 出町柳駅から貴船口駅まで、車窓からの景色が満喫できる『きらら』に乗ってみませんか?

風景
 天井までの超特大のガラス窓と、窓に向けて配置された座席から、緑豊かな景色をたっぷりと楽しめます。だんだんと緑が深くなっていく車窓を見ていると、次第に非日常へと引き込まれます。緑のトンネルのような貴船に近づく頃には、すっかり“旅気分”になっていること間違いなし!

 『きらら』の運行は、1時間に1〜3便。事前に時刻表を確かめてご利用ください。


貴船荘Dayツアー詳細発表!

◇今回のコースの時間的目安は、以下のとお〜り!
所要時間の目安
 午前中に貴船に向かって、夕方までゆっくり遊べるプランです。夕方になったら、浴衣姿のまま幾分過ごしやすくなった京都の街中へ。あらためて、しっとりお酒を楽しみに出かけるなんてのも、京都の夏を満喫するアイデアかもしれません。モチロン、夕方から出かけてゆっくりと夜の貴船体験も。シーズンにはホタルに出合えるかもしれません。

 そしていよいよ発表!

◇貴船荘の川床が楽しめる「せせらぎとゆかたプラン」の詳細は……
「せせらぎとゆかたプラン」おひとりさま    \13,900(税・サ込)
「カップルゆかたプラン」男女おふたりさま  \30,800(税・サ込)
ワインをプレゼント! どちらも、浴衣フルセット(浴衣・帯・着付紐2本・巾着・下駄)と川床料理、便利な「ゆかたPASS京都」付き。さらに、グラスワインも1杯プレゼント。お昼から飲む冷え冷えのワインはサイコウですし、夜の川床、提灯のほのかな明かりの下で味わうワインは、おとなの楽しみ。情緒ある川床体験が、1杯のワインで、さらに充実したものになりそう。

貴船荘の川床 嬉しいのは、家から浴衣を着て行ったり、持って行ったりしなくても、浴衣で川床が体験できること。着用した浴衣セットは持って帰れますので、お祭りや花火大会など、今後の「夏のおでかけ」にも大活躍してくれそうです。

 イチオシは「カップルゆかたプラン」。女性に比べ、男性浴衣はまだまだ少数派ではありますが、浴衣姿の男性は、とにかく粋で格好いい! 彼女や奥様も惚れ直しちゃうこと請け合い。浴衣を持っていない男性は、この機会に浴衣デビューを飾っちゃいましょう。

 女性グループでも、男女カップルでも、浴衣と川床が贅沢に満喫できる「せせらぎとゆかたプラン」は、夏の京都を涼しく味わうにはマストのプランです。

きらら
「きらら」

洛中と洛北をつなぐパノラマカー。

ひと駅ごとに街から山里へと変わっていく景色を、大きな窓ごし満喫できます。貴船荘は、貴船口駅から徒歩約20分です。

貴船地図



貴船荘の
浴衣で川床プラン
詳細はコチラ
>>



みなさまのご意見・ご感想をお待ちしています。

◆◆今回レポートした貴船荘の『浴衣で川床プラン』 詳細はコチラ◆◆
(2006年5月)

本日のお着物は・・・貴船荘の「せせらぎとゆかたプラン」
着物美人になれたかな【すみえさん談】 浴衣に似合う帯の色や小物選びすみえさんなど、お店の人のアドバイスがあるので安心。欲を言えば・・・ 浴衣の種類(色・柄)がもう少し豊富ならば言うコトなしっ!です。 帯をしめてもらうと不思議と背すじがシャンとして、心地よい緊張感に包まれます。。。 お店の方は親切にしてくださって、とても気分よく、大満足☆の1日でした。。。

【Tamieさん談】Tamieさん 浴衣って何回か着たことあるんです。でも毎回自分で着るから“途中で着くずれてくる・・・(汗)”っていうこともシバシバ。今回はプロの方にバッチリ着つけていただいたうえ、着つけのコツもしっかり教えていただけました。日常から少し離れて、浴衣姿で大人の京都をぞん分に楽しみました。

【ユミさん談】 浴衣は、いただいて帰るという事を考えると、もう少し予算追加しても良いユミさんものが欲しいと思われる方もいるんじゃないかな。恥ずかしながら自分で着られるのは足袋とお襦袢だけなので、アドバイスをもらいながらの着付けはとってもお得に感じました。それと忘れてはいけない!貴船荘の女将さんがとても綺麗で笑顔の素敵な方でした。着付けしていただいたスタッフの方もとても親切で気持ちの良い応対をしていただきました。貴船荘さん、かなりおすすめです!是非またあの笑顔に会いに行きたいと思います。

 黒っぽい浴衣を選んだユミさんは、シックなおとなのムード。すみえさんは、黄色の浴衣にグリーンの帯で爽やかに。そしてTamieさんは、上品な浴衣に赤い帯を組み合わせてちょっぴり色っぽく。三者三様の浴衣美人に変身です。実は、3人とも帯の結び方が違うんですが、そんなさりげないオシャレも素敵ですよね。
レポート by めかた 
母子3代続く京女という、生粋(?)の京都人。イケズではないのでご安心を。
Copyright (C) 2006 Media Engineering Inc. All rights reserved.
 
Hotwireオンライン